Minatoのクッキングラボ

脱サラして飲食店経営を目指す一般人が作った料理のレシピを紹介するブログ

MENU

【低温調理】ローストビーフの作り方(オーブン編)

さて、今回はローストビーフの作り方を紹介します!

 

ただ、ローストビーフと言っても、お肉を先に焼くのかあとに焼くのか、フライパンで作るのかオーブンで作るのかなど、いろいろなレシピがありますよね。

このブログでは、そんな様々なレシピを紹介していき、最終的には(個人的に)一番おいしいローストビーフの作り方を紹介したいと考えています!

 

今回は後焼きでオーブンを使ったレシピを紹介します!

ローストビーフ

ローストビーフ

 

作る時のポイント

  • 塩は火を通した後、胡椒は最後に
  • オーブンは予熱しない
  • 焼くときはキッチンペーパーと油で乾かないように

 

 

材料

  • 牛肉 ・・・約600g
  • 塩  ・・・4.8g(牛肉の重さの0.8%)
  • 胡椒 ・・・お好みで

 

 

作り方

  1. 牛肉は常温に戻しておきます。
    常温に戻しておくことで、肉が急激に加熱されることを防ぎ、やわらかい仕上がりになります!

    牛肉

    今回はもも肉を使っています
  2. 牛肉をキッチンペーパーで包み、サラダ油で濡らします。
    この時点で味付けはしません!
    塩を振ってしまうと、浸透圧の関係で肉汁が逃げてしまうからです。

    油でコーティングする理由は、オーブンで焼くときに肉が焦げることと、乾くことを防ぐためです。
    灰汁をとる効果もあるとか。
  3. オーブンで焼くときに牛肉が乾くのを防ぎます
  4. オーブンに入れ、100℃で80分加熱します。
    この時、予熱をしないで常温の状態から加熱を開始します。
    温度はなるべく低いほうがゆっくりと加熱できるので、肉が柔らかく仕上がります。
    肉の中心温度が55℃になるまで加熱します。
    加熱時間は、オーブンによっても変わるので、80分は目安としてください。

    加熱中の温度管理が大切です!
  5. 牛肉の重量を測り、その0.8%の塩を測ります。
    肉に対して0.8%の塩加減が、科学的に美味しいとされているので、ちゃんとはかると良いです。

    牛肉は全体的に白っぽくなっています

    塩も可能であれば正確に計ります


  6. 塩を牛肉全体にまぶします。

  7. 牛肉の表面を強火で焼き色を付けます。

    良い感じに焼き色がついています
  8. 胡椒をまぶし、アルミホイルで包んで肉を休ませる。
    焼く前に胡椒をまぶしてしまうと、胡椒が焦げてしまうので、焼き色を付けた後にまぶします。
    胡椒は、粗挽き、多めに、が個人的におすすめです。

    休ませることで、肉汁が落ち着かせます
  9. 牛肉を薄くスライスする。
    これが一番難しい作業かもしれません。

  10. 完成!

    あまり薄くないのはご愛嬌ということで

 

 

反省点

  • 焼き色付けた後に休ませる時間が短く、ドリップが出てしまった。
  • 牛肉を薄くスライスできなかった。

 

 

最後に

さて、いかがだったでしょうか。

今回は少し失敗してしまいましたが、焼き加減は完ぺきだったと思います!

 

牛肉を薄くスライスするためには、サーモンナイフを使うと良いそうです。

我が家には三徳包丁と出刃包丁しかなかったので、薄くスライスできなかったことが悔やまれます。

次はサーモンナイフを買って、スライスします!

 

次回はいつになるかわかりませんが、炊飯器編を予定していますので、ご期待ください!

 

 

それでは、また!