Minatoのクッキングラボ

脱サラして飲食店経営を目指す一般人が作った料理のレシピを紹介するブログ

MENU

自家製ピクルスの作り方を研究しようと思う

さて、今回は自家製ピクルスの作り方について少し調べてみました。
そして、試作品第一号を作ってみたので、その作り方を紹介したいと思います!

ピクルスは、いくつかのポイントをおさえれば誰でも簡単に作れるので、是非お試しいただきたい一品です。

それでは、早速紹介していきましょう!

 

ポイント

  • ピクルス液の比率を自分好みに!
  • 酒を加えることで、旨味をプラス!
  • お好みのスパイスで、香り良く!

 

材料

  • ピクルス液
     酢     ・・・200mL
     水     ・・・150mL
     調理酒   ・・・50mL
     砂糖    ・・・80g
     塩     ・・・小さじ2杯
  • 玉ねぎ    ・・・1個
  • にんじん   ・・・1本
  • アスパラガス ・・・3本
  • みょうが   ・・・3個
  • ミニトマト  ・・・12個
  • スパイス
     粒コショウ ・・・大さじ1/2杯
     ローリエ  ・・・2枚
     唐辛子   ・・・1本

作り方/レシピ

  1. ピクルスを保存するビンを熱湯で消毒します。

  2. ピクルス液の材料を、すべて鍋に加えて中火にかけます。

    f:id:sagittarius-sinwing:20190312213408j:plain

    計量するときは、鍋ごとはかりに乗せると楽です!


    沸騰して、アルコールが飛んだら常温になるまで冷まします。

    ピクルス

    アルコールが飛んだかどうかは、においを嗅いで判断しましょう!



  3. 具材を食べやすい大きさに切り分けます。
    この時、材料の大きさを同じぐらいにすると、見た目が良く仕上がります。

    今回はみょうがのサイズに合わせて、他の具材を切り分けました


  4. 大きめの鍋でお湯を沸かし、具材をサッと茹でます。
    茹でたらすぐにザルにあげてお湯を切り、湯気が出なくなるくらいまで冷ましましょう。
    ミニトマトの湯むきも出来るので、皮をむいてしまいましょう。

    ピクルス

    湯気が出なくなるくらいまで冷ましましょう。


  5. ビンに具材とスパイス、ピクルス液を入れて2日ほど冷蔵庫で漬けます。
    この時、固めの具材を下に入れ、ミニトマトのように柔らかい具材は上に入れましょう。

    ピクルス

    色とりどりの野菜を使うと映えますね!


  6. 完成!
     

最後に

さて、いかがだったでしょうか。
それほど難しい工程は無かったと思います。
あとは自分の好みの味付けを追求すれば、いつでも美味しいピクルスが食べれるようになりますよ!

 

今回のレシピは、少し甘めの味付けになっています。(個人的な感想です)
酸味が強いピクルスが好きであれば砂糖を減らすか、酢の分量を増やすといいかもしれないです。
日本酒を白ワインにしてみたり、ワインビネガーを使ってみたりと、研究の幅はかなり広そうです。
甘味も、今回は砂糖を使いましたが、みりんやはちみつを使えば、また違う味わいになりますね。
スパイスもシナモンやクローブを使ってみたいですね!
もちろん具材の種類も改善の余地があるので、ピクルスの研究は長引きそうです!

究極のピクルスができるまで、しばらくお付き合い下さい!

 

 

それでは、また!