Minatoのクッキングラボ

脱サラして飲食店経営を目指す一般人が作った料理のレシピを紹介するブログ

MENU

塩だけで味付け! シンプルなラタトゥイユの作り方!

さて、今回は塩だけで味をつけた、
シンプルなラタトゥイユの作り方を紹介します。

 

ラタトゥイユのこだわっているレシピでは、
トマトやパプリカの皮を向いたり、種を取ったりと、
面倒な工程が多い印象を持つ方もいると思います。
でも、今回は面倒な工程無しの
簡単なラタトゥイユの作り方を紹介しますので、
ぜひ参考にしてみて下さい!

 

ポイント

  • 具材は煮込む前に焼いて、火を通しておく
  • 煮込む前の具材の重さから、塩の量を計る

 

材料(作りやすい分量)

  • トマト    ・・・3個
  • 玉ねぎ    ・・・1個
  • パプリカ   ・・・2個
  • なす     ・・・1本
  • 塩      ・・・野菜の重さの0.8%
  • ローリエ   ・・・2枚

    ラタトゥイユ レシピ

    本日の材料たち


 

作り方/レシピ

  1. 材料をそれぞれ切っていきます。
    トマトは1センチ角の角切り、
    玉ねぎは1センチ幅のくし切り、
    パプリカは1センチ幅の短冊切り、
    なすは1センチ幅の輪切りにします。

    ラタトゥイユ レシピ

    大きさをそろえるようにすると、仕上がりがよく見えます!

    今回は1センチ幅に合わせるように切りましたが、
    もっと大きく切ってもいいですし、小さく切っても大丈夫です。
    その時は、この後の焼く工程や煮込む工程の時間を変えましょう。

  2. トマト以外の材料を1種類ずつフライパンで炒めて、火を通します。
    煮込む前に火を通すのは、煮込む際の火の通りを均一にするためと、
    焦げによるうま味を出すためです。
    火を通した野菜は、鍋に入れておきましょう。

    玉ねぎはしんなり、きつね色になるまで炒めます

    ラタトゥイユ レシピ

    なすは両面に焼き目が付くまで焼きます

    パプリカもしんなりして、少し焦げ目が付くくらいまで炒めます!
    (写真は撮り忘れました!)


  3. 鍋にトマトを入れ、野菜の重さを計ります。
    野菜に対して0.8%の塩とローリエを入れます。
    今回は野菜が約1kgだったので、8gの塩を入れました。
    味付けをしたら、蓋をして弱火にかけ、時々混ぜながら30分ほど煮込みます。

    ラタトゥイユ レシピ

    混ぜすぎるとなすが崩れてしまうのでご注意を!


  4. 火加減を中火に変え、10分ほど煮汁がほぼなくなるまで煮詰めます。

    ラタトゥイユ レシピ

    味見をしながら、好みの塩加減まで煮詰めるのがおすすめです!


  5. 完成!

    ラタトゥイユ レシピ

    彩りよく、美味しそうにできました!


最後に

さて、いかがだったでしょうか。

 

切る、焼く、煮るの3ステップでラタトゥイユを作ることが出来ました!
ラタトゥイユはそのまま食べても美味しいですが、
お肉や魚のソテーのソースにしてもいいですし、
スープやカレーのベースにしても美味しい頂けます。
なので、多めに作ってアレンジして食べることをオススメします!

 

ラタトゥイユとしてのアレンジとしては、
にんにくや唐辛子などの香辛料を加えてあげたり、
野菜の種類を増やしたり減らしたりなどが考えられますね!
色々と試してみると楽しいと思います!

 

次に作るときは、皮や種を取り除く、
本格的なラタトゥイユを紹介したいと思います!
手間をかける分美味しくできるよう、頑張ります!
(もちろん、このレシピでも十分美味しく作れますよ!!!)

 

 

それでは、また!